お客様サポート
スタートアップガイド

ロスカット計算方法

ロスカット基準額を知る

ロスカット基準額とは

ロスカット基準額とは、純資産額がこの金額を下回ると自動ロスカットされてしまうという金額のことです。逆に言えば、ロスカット基準額まで純資産が減らないように管理できれば、自動ロスカットされることはありません。どれくらいまで純資産額が減ってしまうとロスカットになるのか、常に把握しておきましょう。

ロスカット基準額を計算する

パートナーズFX
ロスカット基準額建玉必要証拠金 × 40%

パートナーズFXnano
ロスカット基準額建玉必要証拠金 × 100%

  1. まずは、建玉必要証拠金を把握しましょう。建玉必要証拠金は、以下の表のように設定されています。各通貨ペアごとに前営業日の終値によって異なりますので、該当する箇所をご覧ください。

    必要証拠金
    通貨ペアの前営業日終値 パートナーズFX
    1万通貨あたりの証拠金額
    パートナーズFXnano
    100通貨あたりの証拠金額
    105円超110円以下 44,000円 440円
    100円超105円以下 42,000円 420円
    95円超100円以下 40,000円 400円
    90円超95円以下 38,000円 380円
    85円超90円以下 36,000円 360円
    80円超85円以下 34,000円 340円
  2. ロスカット基準額を算出するには、建玉必要証拠金に40%(パートナーズFXnanoの場合は100%)をかけます。
    たとえば、パートナーズFXで通貨ペアの終値が82円だった場合、1万通貨あたりの建玉必要証拠金は34,000円です。
    34,000円×40%=13,600円
    ですので、ロスカット基準額は13,600円ということになります。

ロスカットされるレートを知る

純資産額がいくらに下がったらロスカットされるか(ロスカット基準額)は理解していても、自分の持っているポジションの値があとどれくらい下がったらその金額に達してしまうのか、なかなかイメージしにくいと思います。ここでは、自動ロスカットされるレートの目安を計算する方法をご紹介します。

ロスカットされるレートを計算する

(純資産額 - ロスカット基準額) ÷ 建玉数量 = A
保有している建玉が
買いの場合…計算時のBid - A = ロスカットされるレート
売りの場合…計算時のAsk + A = ロスカットされるレート
  1. まず、計算に必要な数字を準備します。
    ここでは、パートナーズFXの場合の確認方法をご説明します。

    純資産額
    クリックすると拡大します

    純資産額
    クイック発注ボードを開き、「メニュー」より「口座情報」を選択します。「純資産」の項目に書かれた数字があなたの純資産評価額です。
    ※ロスカット基準額や評価レートも、このページに表示されています。

    建玉数量
    クリックすると拡大します

    建玉数量
    クイック発注ボードに戻り、照会エリアの「建玉照会(集計)」タブを選択します。「建玉合計数量」の項目に書かれた数字があなたの現在の建玉数量です。

    レート画面
    クリックすると拡大します

    BidまたはAsk
    クイック発注ボードの発注エリアでストリーミング注文を選択し、発注ボタンのレートを確認します。保有している建玉が「買い」の場合は「Bid」を、「売り」の場合は「Ask」の数字をご覧ください。

  2. 必要な数字が揃ったら、計算式にあてはめて計算します。
    ここでは仮に、以下のように設定して計算をしてみます。
  • 純資産額は100,000円
  • 建玉数量は10,000
  • ロスカット基準額は13,600円
  • ポジションは買い、Bidレートは82.208


まず、(純資産額-ロスカット基準額)÷建玉数量でAを求めます。
(100,000-13,600)÷10,000=8.64   
次に、計算時のBidからAをひきます。
82.208-8.64=73.568

よって、ロスカットレートは73.568円となり、この値まで下がるとロスカットされることになります。

※この計算は、スワップポイントを加味していません。また、単一の通貨ペアのみ建玉している場合を前提としています。
※複数の通貨ペアを保有している場合には、正確な値幅は計算できません。
※外貨の預かりがある場合、対象通貨の円換算額の変動により純資産も変動してしまうため正確な値幅は計算できません。
※レート変動により建玉必要証拠金の水準が変更となる場合があり、その際はロスカット基準額も変動するため、上記の計算によっても正確な値幅が計算できないケースがあります。


このページの先頭へ